プロフィール

洗心庵

経歴

30歳の頃、姓名学、家相、墓相を学ぶ

50歳の頃、気学、四柱推命、易学を学ぶ

昭和39年、33歳の時、大分県豊前市に在住していた故I先生という偉大な師に出会う
とても不思議なひとで、どんな難題も答えを出す先生でした
“天の意思を知ること、万象神示である、神という字は示へんに申すと書く、神が教えている"
と言われ、天上の太陽、星、空の色、風の音、水の流れ、その現象を読み解かれた
そのI先生から修身斉家と自然の法則を学ぶ

昭和63年、57歳の時、易学者のY先生と出会い、“本業が副業となり、副業が本業となる"
と言われ60歳の時、易占家となり現在に至る

トップページへ